犬印鞄製作所[公式サイト]東京・浅草の工房で職人が作り上げた質実剛健な帆布鞄 ログイン 会員登録
犬印鞄製作所  
犬印トップ 実店舗案内 会社概要 帆布色見本 利用案内 会員登録
ログイン買い物かご注文照会ポイント照会お問い合わせ



商品カテゴリー
トートバッグ
通勤・通学バッグ
ショルダーバッグ・リュック
旅行・出張バッグ
ストーンウォッシュ帆布
藍染帆布
麻帆布
サンブレラ
ハリスツイード
財布・小銭入れ
エコバッグ・ポーチ
ケース・ブックカバー
小物(帽子・Tシャツなど)
自転車・カメラ・ゴルフ
犬印鞄 × HELLO KITTY
犬印鞄 × My Melody
ご案内
犬印鞄の帆布について
モノグラム(刺繍)
お手入れと修理
ラッピング
カタログ請求
新規会員登録
犬印鞄のメルマガ
犬印鞄製作所 | Facebook
犬印鞄のマスコット『犬四朗(けんしろう)』
QRコード
 
犬印鞄の帆布について
犬印鞄の帆布(はんぷ)について
犬印鞄の帆布について
 犬印鞄では創業以来さまざまな産地、さまざまな機屋(はたや)さんの生地を使ってきました。強度、軽さ、染色性のすべての点において納得のいく帆布生地に出会えたのが、現在お世話になっている滋賀県高島市にある機屋さんでした。帆布生地の産地といえば、岡山のほうが有名ですが、高島は江戸時代からの織物産業の地であり、岡山が衣料用生地なら、高島は工業用が主。
 犬印鞄の帆布生地を作っている工場では、一日に数十メートルしか織ることができない昔ながらの力織機(りきしょっき)を使用しています。生産性は決して良くありませんが、犬印鞄の特徴でもあるゴリっとした独特な風合いは、この織機でしか作ることができません。
 そうして織り上がった生地を染工所で丁寧に染色し、超撥水加工を施せば犬印鞄の帆布生地の完成です。この生地はデニム生地同様、使い込むほどによく馴染み、帆布ならではの深い味わいが出てきます。
超撥水加工 超撥水加工(ちょうはっすいかこう)
犬印純綿6号帆布には「超撥水加工」が施されています。本来、主に工業用として使用される6号帆布に独自の処理を加え、耐久性と防水性をさらに高めました。「超撥水」の名のとおり、水平に置いた生地に水を垂らすと水を弾いて球のようになります。
※ストーンウォッシュ加工された商品など一部商品には超撥水加工が施されていないものもあります。※長時間濡れたままの状態にしたり、使い込んで生地が柔らかくなってくると水がしみる場合があります。
メルマガ登録個人情報保護ポリシー特定商取引法に基づく表示会社概要利用案内お問い合わせ
Copyright (c) 犬印鞄製作所 All Rights Reserved.